越後製菓・秋冬商戦 環境配慮品を拡充 鏡もち業界初のエコマーク前面に

農産加工 ニュース 2021.07.21 12265号 01面
新商品を紹介する右から吉原忠彦社長、フィギア監修の岡田ひとみ氏、星野一郎会長

新商品を紹介する右から吉原忠彦社長、フィギア監修の岡田ひとみ氏、星野一郎会長

 越後製菓の秋冬商戦は、環境に配慮して開発した新商品を充実し重点的に拡販する。鏡もちでは業界初のエコマークを取得し、パッケージの前面に打ち出すなど、新規提案商品でシェアを拡大。22年3月期は、前期の仮需の影響で前年比1.2%の減収を見込むが、一昨年の売上高176億円を大きく上回る185億円を目指す。(山本大介)

 21年3月期業績の売上高は前年比5.9%増の187億3000万円。うち、包装もち4.8%

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら