9月GMS・SMの食品売上高、青果苦戦し減少

小売 統計・分析 2019.11.06 11967号 04面

 9月の総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)の既存店ベースの食品売上高は前年割れだった。日本チェーンストア協会(JCA)統計による食品の既存店売上高は、前年同月比0.6%減。日本スーパーマーケット協会(JSA)、オール日本スーパーマーケット協会(AJS)、全国スーパーマーケット協会(NSAJ)のSM3団体統計(速報版)も食品で1.1%減だった。  青果が相場安で苦戦し、売上げを押し下げた。食品以外では消費税引き上げ前の駆け込み需要で住居品が好調だった。JCAでは食品を

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら