4月全国百貨店売上高、食品構成比4割

小売 統計・分析 2020.06.03 12060号 10面

 日本百貨店協会がまとめた20年4月の全国百貨店の食品売上高は499億6559万円、店舗調整後で前年比53.0%減と大幅なマイナス。7ヵ月連続で下落し、前月よりも下げ幅を29.1ポイント悪化した。新型コロナウイルス感染症による政府の緊急事態宣言で営業自粛が広がり、外出自粛で客足も鈍化。東京の食品も同61.0%の大幅な下落だった。  全国百貨店の食品を含む売上高総額は1208億円、同72.8%減と65年1月の統計開始以来で最大の減少率だった。食品は営業を継続した店舗が多く、売上

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら