CVSで「大豆ミート」使用広がる

小売 ニュース 2020.09.09 12111号 04面

 コンビニエンスストア(CVS)で代替肉として注目されている「大豆ミート」を使ったオリジナル商品の開発が広がっている。セブン-イレブン・ジャパンは大豆ミートを原材料として使用した11品を全国に先駆けて九州7県の店舗で8月25日から順次発売した。ファミリーマートも3~4月に大豆ミートを使った第1弾商品「ベジバーグ丼」を、5月にも第2弾「大豆のお肉!キーマカレー」を販売したほか、ローソンも7月に大豆ミートを使用したカツのバーガーなど4品を発売した。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら