3月全国百貨店売上高、食品部門前年上回る

小売 統計・分析 2021.04.30 12222号 08面

 日本百貨店協会がまとめた21年3月の全国百貨店の食品売上高は1097億6249万円、店舗調整後で前年比15.1%増、18ヵ月ぶりで前年を上回った。食品の全部門で前年を上回り、生鮮食品も28ヵ月ぶりでプラスに転じた。東京地区の食品も同23.4%増、14ヵ月ぶりで前年超えだった。全国百貨店の食品を含む総売上額は4076億円、21.8%増と18ヵ月ぶりのプラスとなった。前年の新型コロナウイルスの影響による臨時休業や時短営業の反動に加え、緊急事態宣言の解除、各社が企画した会員向け施

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら