胃心伝真=醤油文化賞

総合 コラム 2019.10.18 11957号 01面

 出荷量は最盛期から6割以下に減り、事業者は60年前推定値から5分の1。醤油は基礎調味料の代表格だけに消費停滞、大手集約でも他業界を先行する▼海外でも先駆け、輸出数量は5年前から倍増。全出荷量の5%を占め、成熟市場の成長戦略をけん引するのがキッコーマン。製造業全体でも米国の現地生産で先立ち、1973年にウィスコンシン州に工場を竣工。単体で世界最大とみられる産量まで育ててきた▼世界展開を導いてきたのがキッコーマン取締役名誉会長の茂木友三郎氏。昨年11月の文化功労者選出に続き、1

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら