フォーカスin:にんべん・高津伊兵衛社長 「老舗」がだし人気を加速

 にんべんはだしの専門店を広げ、コロナ下のだし人気を深めている。創業321年の祖業の鰹節は市場が成熟。だしを利かせ、魅力を高めたチルド惣菜を始めて領域拡大、市場継続を果たす。社長の高津伊兵衛氏は2月に創立者名を襲名し、5月に社史と経営戦略を示した「『だし』再発見のブランド戦略」を発行。9日付「花かつお・削り節特集」の取材に応え、コロナ共存の業界の展望やだしの可能性を語った。(吉岡勇樹)

 ●コロナとの

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら