中小飲料メーカー特集

飲料 2019.08.20

 ようやく、関東地方でも梅雨が明け、猛暑がやってきた。長梅雨となった夏の前半戦を取り戻そうと、中小飲料メーカー各社の奮闘はこの夏も続いている。「フットワークやレスポンスの良さ」「小ロットから対応可能」「多彩な商品提案力やラインアップ」などの強みを生かし、取引先や消費者のニーズに対応すべく、知恵を絞り、足を使い、明日への道を切り開く。今回、取材を通じて感じたことは「人手不足」の深刻化や業種やカテゴリーによる「働き方改革」への各社の対応の難しさだ。それらの難題に対し「事業継承者」としての誇りと重みを胸に、激動の時代へ歩みを進める。(本吉卓也)