20年上期の業種・カテゴリー天気予報

総合 2020.01.17
20年上期の業種・カテゴリー天気予報

 ◇五輪関連需要に大きな期待も
 20年上期の食品カテゴリーの総合展望を天気予報形式で占った。今年は7月にいよいよ東京オリンピック・パラリンピック大会が開催され、日本経済にとって記念すべき年となる。大会開催に向けて五輪関連商材やインバウンド消費などが伸びる見通しだが、カテゴリー別予測を見ると依然として健康・簡便商材の有望性が続きそうだ。昨年は消費増税の影響で財布の紐が固くなる動きもあったものの、五輪効果に加え、5G(第五世代移動通信システム)商用サービス開始で新たな販促手法が生まれる可能性もある。五輪大会後の景気減速やキャッシュレスポイント還元事業終了後の消費の変化など不透明な要素も多いが、前半戦は底堅く推移する見通しだ。(業界天気予報特集取材班)