今日は何の日

9月27日。今日は世界観光デー

9月27日は国連が定めた世界観光デー。1970年9月27日に、世界観光機関(WTO)の定款が採択されたことを記念している。 コーラは戦後、観光外国人らのために販売されていたが、その後ローカルに定着した。

飲料 今日のキーワード: コーラ

在留外国人、観光外国人向けに製造されていたコーラ

国内にコーラドリンクが輸入されたのは1919(大正8)年だといわれている。その当時は風味がなじめなかったのか、当局が輸入を禁止したのか、3〜4年で早くも姿を消していったが、第二次世界大戦後、連合軍の駐留とともにコーラ飲料は軍納として入ってきた。

国内では1952(昭和27)年頃から各地でコーラ飲料の製造が始められるようになったが、本格的には1956年11月、在留外国人、観光外国人を対象として無酒精飲料の原液として年間8万ドルの外貨割当を行い、特定需要(外国人)以外の流出を防止するため、販売個所をきめ、一定の条件を付し、コカ・コーラおよびペプシ・コーラが製造できるようになった。その後、1960年10月コーラ飲料用調合香料を自動割当にするとともに一般市販に移されている。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:一般財団法人 日本清涼飲料検 査協会、久保喜寛 ))

アサヒ飲料、「ウィルキンソン」市場けん引 年間3000万ケース目指す
2021.10.20
よつ葉乳業、レトルトスープ市場に初参入
2021.10.20
マルカン酢、米国現地法人生産の有機純米酢を逆輸入
2021.10.20
UCC上島珈琲、ミルクに合わせて選ぶコーヒー提案 カフェオレに焦点
2021.10.20
サントリー食品、職場内の交流促進目指す「社長のおごり自販機」新サービス展開
2021.10.20

タイアップ企画広告一覧

食品工場のスマートファクトリー化と省力化・自動化
世界のアマニから
世界最大の生産国 アメリカン・チーズを探る
健康・SDGs惣菜にくるみ
ディープラーニング画像検査
プルーンが解決する食の未来
カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉