今日は何の日

10月21日。今日は国際反戦デー

1966年10月21日、日本労働組合総評議会がベトナム反戦統一ストを実施。世界に反戦運動を呼びかけたことを記念する日として制定された。

調味 今日のキーワード: シナモン

いまや一大農産国であるベトナム。シナモン市場でも存在感

正確にはセイロン(スリランカ)産をシナモンとよび、ほかはカッシアとよぶ。日本においては、一般には肉柱(ニッキ)と称され、古くから知られているスパイスの一種である。原料業界では桂皮あるいはカシア桂皮とよばれているが、最近は中国からの輸入数量が全体の80%前後を占めている。

したがって、中国産が主体となっているが、最近では、ベトナムもののステッキものが市場で徐々に人気が出ているといわれている。

スパイスとして用いられるシナモンは、樹皮の部分である。収穫は、枝を切り、枝からその樹皮をはぎとって、陰干しにしたあと、天日乾燥する。乾かした時に樹皮がくるくるとまるまって管状になる。この管状にまるまったステッキ状の皮を取引ではキルス、粉砕したものをチップスという。

シナモンはスパイスとしては最古の歴史をもつものの一つである。さわやかな芳香と辛味と幾分の甘味をもっている。工業用としては、ハムソーセージ、ピクルス、ソース、ケチャップ菓子類、洋酒、飲料水、チューインガム。また医薬品業界では健胃剤、強壮剤の生薬の原料とされている。また一般には、ケーキ、パイ、クッキーなどのベーカリーに、ケーキ用スパイスとして不可欠である。そして、紅茶、コーヒーをかきまぜながら飲むという通人がこのごろ多くなっているといわれる。

(日本食糧新聞社『食品産業事典 第九版』(引用箇所の著者:服部 博))

エア・ウォーター、ダイハツと地域発再生可能エネルギー技術開発、NEDO事業採…
2021.12.08
亀田製菓、柿の種の類似製品に申し立て 製造・販売の差し止めを請求
2021.12.08
一正蒲鉾、水産練製品と惣菜を5~15%値上げ 3月1日出荷分から
2021.12.08
東洋水産、生麺や冷凍食品などを値上げ
2021.12.08
日本アクセス、“PBF売場”の構築目指す 新ジャンル創出視野に
2021.12.08

タイアップ企画広告一覧

新しい資金調達の選択肢 電子請求書早払い
食の安全を守る微生物検査のポイント
食品工場のスマートファクトリー化と省力化・自動化
世界のアマニから
世界最大の生産国 アメリカン・チーズを探る
健康・SDGs惣菜にくるみ
ディープラーニング画像検査
プルーンが解決する食の未来
カリフォルニア・アーモンド フェア
EUセミナーレポート
デジタル活用のヒント
異物混入を防ぐ監視システム最前線
知的財産講座
農業・食産業の知的財産
お茶と茶器の素敵な関係
D2Cを加速
食品安全マネジメントに関わるHACCPの重要性
#元気いただきますプロジェクトNEWS
発酵調味料TasteNrichが国内本格発売開始
ヴァイカンテクニカルレポート
HACCP制度化がスタート
食べて応援ご当地名物30選
職人技は動画で伝える
うつわが彩る華やかな食卓
資源循環に挑む
食べ物の単位と漢字1
アマニ事典1

毎日が展示会

動画配信フードジャーナル

日食フードジャーナル

おうちで焼肉