野菜いっぱいで具だくさん「うちの満菜みそ汁」を食べよう! 11月24日は和食の日♪

2021.11.01 316号 07面
鶏肉とブロッコリーの具だくさんみそ汁

鶏肉とブロッコリーの具だくさんみそ汁

オクラとトマトのふわたまみそ汁

オクラとトマトのふわたまみそ汁

ブリ汁

ブリ汁

簡単でおいしいみそ汁の決め手は「 ほんだし(R)」

簡単でおいしいみそ汁の決め手は「 ほんだし(R)」

11月24日は、11(いい)24(にほんしょく)で「和食の日」。和食の定番といえば、やっぱりみそ汁。肉や魚、野菜など、あれもこれもお鍋に入れたら、「ほんだし」でサッとみそ汁のできあがり。たっぷりの具にだしがきいたあったかいみそ汁は、冬の食卓の強い味方に!

◆鶏肉とブロッコリーの具だくさんみそ汁

お肉も野菜も!具だくさんでおかずにもなる一杯

<材料・4人分>

・鶏もも肉……250g

・キャベツ……2枚

・ブロッコリー……1/2個

・にんじん……1/3本

・しめじ……1/2パック

A・水……4・1/2カップ

A・「ほんだし」……小さじ2

・みそ……大さじ3

<作り方>

(1)鶏肉はひと口大に切る。キャベツはザク切りにし、ブロッコリーは小房に分ける。にんじんは5mm幅の半月切りにし、しめじは石づきを取ってほぐす。

(2)鍋にAを入れて火にかける。煮立ったら、(1)の鶏肉・キャベツ・にんじん・しめじを加え、フタをして5分ほど煮る。(1)のブロッコリーを加えてさらに1~2分煮る。

(3)具材に火が通ったら、みそを溶き入れ、ひと煮立ちさせる。

◆オクラとトマトのふわたまみそ汁

オクラとトマトのふわたまみそ汁オクラとトマトで彩りきれい! ふわふわ卵の食感がクセになる

<材料・4人分>

・オクラ……6本

・トマト……1個

・溶き卵……1個分

A・水……3・1/2カップ

A・「ほんだし」……小さじ山盛り1

・みそ……大さじ3

<作り方>

(1)オクラは2cm幅の斜め切りにし、トマトはひと口大に切る。

(2)鍋にAを入れて火にかけ、沸騰したらいったん火を止め、(1)のオクラ・トマトを加えて、みそを溶き入れる。

(3)再び火にかけ、煮立ったら、溶き卵を加えて大きくゆっくりかき混ぜ、卵が浮いてきたら、火を止める。

◆ブリ汁

旬のブリと大根を一緒にどうぞ!

<材料・4人分>

・ブリ……2切れ

・大根……5cm

・にんじん……6cm

・白菜……1枚

・長ねぎ……1/2本

・水……3カップ

・「ほんだし」……小さじ2

・みそ……大さじ2・1/2

・水菜……1/3株

・しょうが(せん切り)……少々

・「AJINOMOTO濃口ごま油」……適量

<作り方>

(1)ブリはひと口大に切る。大根、にんじんはいちょう切りにし、白菜はひと口大に切る。ねぎは斜め1cm幅に切る。水菜は3cm長さに切る。

(2)(1)の水菜、しょうがを冷水にさらす。

(3)鍋に(1)のブリ・大根・にんじん・白菜・ねぎ、水、「ほんだし」を入れて火にかけ、煮立ったらアクを取り、5分煮てみそを溶き入れる。

(4)器に(3)を盛り、ごま油を回しかけ、水気をきった(2)の水菜・しょうがをのせる。

●「うちの満菜みそ汁」とは?

肉や魚、野菜を一つのお椀で食べられる、おかずにもなる具だくさんのみそ汁のこと。なじみの味だけど、毎日食べたくなるおいしさに加え、栄養もしっかり取れる、食べる人にも、つくる人にもうれしい一杯です。

詳しくはこちら

https://www.ajinomoto.co.jp/hondashi/misoshiru/uchi-no-mansaimisoshiru/index.html

●簡単でおいしいみそ汁の決め手は「ほんだし」

香り、コク・味わい、それぞれに優れた3種のかつおぶしを使用した、“香り高く一番おいしい”和風だしの素です。さっと入れるだけで、さまざまな和食メニューの味つけを、簡単手軽においしく仕上げることができます。湿気にくい顆粒タイプ。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら