カネカ、小型軽量細菌検査機器を共同開発 空港・港湾など普及へ

 カネカは8月から、持ち運び可能な細菌検査機器「カネカ温調機能付き吸光度計 マイアブスコープ」を、ウシオ電機と共同開発し、予約販売の受け付けを開始している。携帯性に優れた小型・軽量の細菌検査機器で、検査設備が未整備な医療施設・空港・港湾などで活用することにより、短期間で細菌を検出することができる。  持ち運び可能で、タブレットでの制御が可能な「IoT」(モノのインターネット化)製品として普及を目指す。  同機器では同社独自の核酸検出技術を利用、短期間で現場での検出結果を判明さ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら