カルビー、ポテトチップスパッケージ刷新 CO2排出量削減へ

菓子 ニュース 2020.09.18 12116号 02面
縦長のパッケージに変更

縦長のパッケージに変更

 カルビーは、ポテトチップスブランドの37商品のパッケージを刷新、9月下旬から切り替える。レギュラー商品12商品のパッケージは、横幅を20mm短くし、商品輸送に使用する段ボールサイズを縮小し、段ボール製造時の二酸化炭素排出量を現行比で約11%削減。さらに、段ボールサイズの縮小でトラック輸送時の積載効率が向上し、トラック便使用台数の約9%を削減することが可能になる。同社は、現在取り組んでいる中期経営計画で、温室効果ガスの排出量削減を掲げており、今回のリニューアルはその一環となる。

 国連が世界共通の持続可能な開発目標(SDGs)を提唱するなど、企業にはこれまで以上に環境に配慮した積極的な対応が求められている。同社は自然の恵みを生かして事業を推進しており、環境負荷の軽減を重要な課題の一つと位置付けている。ポテトチップス市場参入45周年という節目の年に「主力商品の変革」を大きな一歩とし、持続可能な社会の実現をさらに推進する。

 今回のパッケージリニューアルでは、レギュラーサイズ12商品(60g、58g)のパッケージフィルムサイズの横幅を200mmから180mmに、縦幅を230mmから260mmに変更。また、パッケージに植物由来のバイオマスインキ(黒色のみ)を使用していることを記載。さらに、9月から展開している商品のパッケージを折りたたんで捨てる「折りパケ」運動を推進するプロジェクト「カルビールビープログラム」最初の対象商品として、パッケージ裏面に折り方ガイドラインを掲載。

 環境への配慮に加え、店頭視認性も向上。従来のパッケージに比べてベースカラーを強調し、売場で目立つシンプルなデザインに、ポテトチップスの写真は一枚一枚を見えやすく、より商品をイメージできるようにした。〈のりしお〉は、シーズニングを改良し塩味、うまみ、風味を引き上げ、より食べ応えのある味わいにリニューアルした。(青柳英明)