スガツネ工業、モーションデザインテックで新型コロナ対策 高品質提案をWeb公開

ワークスペース・カウンターでトルクヒンジを利用すると手で支えなくても開けられ、受け渡しが便利になる

ワークスペース・カウンターでトルクヒンジを利用すると手で支えなくても開けられ、受け渡しが便利になる

 スガツネ工業は6月、新型コロナウイルス対策に関する各種提案をWebページに公開した。一般的に対策グッズとしてフェースガード、遮蔽(しゃへい)パネル・パーティションといった、さまざまな対応がなされている。同社では「ウィズコロナ/アフターコロナに備えるべく、今後はより高品質・高付加価値なものが求められてくる」と予想。同社Webでは、独自技術の「モーションデザインテック(※)」を中心に機構部品の同社だからこそできる衛生・新型コロナウイルス対策を紹介している。パネル・ガードの位置を

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら