マルハニチロ、企業CM新シリーズ放映開始 家族の物語2作

 コーポレートブランドの強化を推進しているマルハニチロは、1日から、新企業CM「家族の物語」シリーズから「おじいさんとの釣り」編と「お父さんのお弁当箱」編の2作品=写真=を全国で放映開始した。これまでの企業CM「ファクト」シリーズでは、さまざまな事業領域における具体的な「ファクト(事実)」とともに同社の「ココロザシ」を伝えてきた。

 新シリーズ「家族の物語」では、なにげない日常の中で人を思う人のそばに寄り添う、同社の商品が登場する。

 缶詰「月花さば水煮」は、1950年中ごろに「フラワー・ムーン」ブランド名でヨーロッパ、東南アジアに輸出したのが始まり。

 その後、国内向けの高品質さば水煮缶詰「月花」(つきはな)ブランドとして半世紀以上にわたるロングセラー商品となっている。

 冷凍食品「白身魚タルタルソース」は、水産資源や海洋環境に配慮した持続可能な漁獲原料であるスケソウダラを使用したフライだ。

 タルタルソースもフライの中に入っている便利さは、弁当のおかずに合う。1996年発売、2018年からMSC認証マーク入り商品となった。(藤村顕太朗)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら