マルハニチロ、天然水産物資源状態を調査

 マルハニチロは、サステナブルな企業グループとして持続可能な水産資源の調達を実践するため、マルハニチログループ各社の製品・原材料について、水産物取扱量の現状把握、天然水産物の資源状態を評価する調査を実施した。同調査は、同社および国内グループ31社、海外グループ17社が対象で、期間は2019年4月~2020年3月。
 天然水産物の資源状態を評価するため、認証された漁業で取られた水産物であるかを確認するとともに、集計した調査結果を外部機関(Sustaina

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら