日本水産、高純度EPA医薬品原料を米国に出荷

総合 ニュース 2021.10.20 12311号 03面

 日本水産(ニッスイ)は14日、同社ファインケミカル総合工場鹿島医薬品工場(茨城県神栖市)と同つくば工場(同県つくば市)が、米国食品医薬品局(FDA)による高純度EPA医薬品の原料生産設備としての適格性審査を通過し、米国向けに医薬品原料の出荷を開始したと発表した。
 高純度EPA医薬品は、EPAを分離・精製することにより、EPA純度を96.5%以上とした医薬品。日本では高脂血症を対象としているが、米国ではこのほかに、血中トリグリセリド(中性脂肪)値が1

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら