「食品産業 平成貢献大賞」受賞企業:サタケ 穀物加工分野の先端技術を開発

佐竹利子 代表

佐竹利子 代表

光選別機「ベルトゥーザ・ゼノ」

光選別機「ベルトゥーザ・ゼノ」

 ●沿革  1896年創業者の佐竹利市氏が日本初の動力精米機を考案し、生産・販売を開始。1939年株式会社に改組。95年お湯を注ぐだけで食べられるマジックライスで食品事業に参入。2001年に社名を株式会社サタケに変更した。本社所在地は東広島市西条西本町2-30。代表者は佐竹利子代表。資本金2億8000万円、従業員数1000人(グループ総数3000人)。  ●表彰理由  創業以来、主に穀類加工分野で発展してきた。この間先端技術を開発し続け、精米関連機器では最大手。また酒造業界で

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら