フロンで課題浮かぶ 自然冷媒に費用の壁 冷食協調査

 日本冷凍食品協会が4日公表した、冷食業界の「環境自主行動計画」(15年3月策定)19年度フォローアップ調査によって、強いオゾン破壊効果と地球温暖化効果があるフロン類の冷媒使用について、業界の課題が浮き彫りとなった。
 同協会の会員メーカーが工場内に設置する凍結機(フリーザー)・冷蔵庫・冷凍庫で使う冷媒の種類別構成比(キロワット数)は代替フロンHCFCが55.6%と最大で、前年比では2.4ポイント低下した。同じく代替フロンのHFCは26.2%と2.5ポ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら