日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

味の素AGF、真の国産目指す 徳之島コーヒー生産支援 栽培開始式実施

ニュース 2017.11.24 11623号 02面

左から石川裕取締役副社長、吉玉誠一代表、大久保明伊仙町長

 味の素AGF(AGF)は、AGF Shared Value(事業活動を通じた社会貢献への取組み)の一環として、鹿児島県奄美群島の「徳之島コーヒー生産支援プロジェクト」を推進している。13日に、コーヒー豆栽培開始式を徳之島・伊仙町で行った。6月に立ち上げた同プロジェクトの一環で、同島のコーヒー生産農家を支援し、国産コーヒー豆を使用した真のジャパニーズコーヒーの発売を目指す。

 開始式は、石川裕取締役副社長、大久保明鹿児島県伊仙町長、吉玉誠一徳之島コーヒー生産者会代表の3人により...続きを読む

飲料

新製品 飲料