味の素社とアクセンチュア、ICT活用の新会社 業務変革で高度・効率化推進

調味 ニュース 2019.11.11 11969号 02面

 味の素社とアクセンチュアは、味の素社の人事、総務、広報、調達などコーポレート組織が持つオペレーション業務を集約し、情報通信技術(ICT)の活用で同業務を変革して一貫して担い、同業務の高度化・効率化の推進と人財育成も目指す合弁会社「味の素デジタルビジネスパートナー」を20年4月に新設する。両社は同新設に合意し、6日に合弁事業契約を締結した。出資比率は味の素社67%、アクセンチュア33%。従業員数は約300人。社長には現在味の素コミュニケーションズの社長を務める吉宮由真氏が就任

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら