新トップ登場:マルコーフーズ・村岡守社長 一貫体制、新たなスタート

 大和芋の生産および山芋加工品の製造を行うマルコーフーズと、同社100%子会社の販売会社ヤマトフーズは、5月1日付で経営統合。マルコーフーズがヤマトフーズのすべての事業を継承し、生産・加工から販売まで一貫した食品メーカーとして、新たなスタートを切った。  社長は、18年5月にマルコーフーズの社長に就任した村岡守氏が務める。「マーケット・インの商品開発と商品開発のスピードアップを目指す。そのためには産地からお客さままでをつなぐ一貫した体制が必要となる」と統合の目的を語る。新体制

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら