廃棄物系バイオマス活用「利用率100%達成」ほぼ確実 ミートコンパニオン新潟第2工場

バイオマスボイラーの導入でフロス処理費用削減、ボイラー燃料費低減とCO2排出量削減を実現した

バイオマスボイラーの導入でフロス処理費用削減、ボイラー燃料費低減とCO2排出量削減を実現した

 ミートコンパニオンは新潟第2工場デリカセンター(新潟県十日町市)で「地域バイオマス利活用交付金」を受けてバイオマスボイラーを導入し昨年10月に正式稼働させたが、効果を上げ始めた。09年度の目標として掲げた浮上油脂(フロス)と純水油(ラード)を合わせた廃棄物系バイオマス利用率100%達成はほぼ確実で、フロス処理費用削減、既存のボイラー燃料費低減とCO2排出量削減を実現するとともに、事業計画に明記した「資源循環社会形成」にも大きく貢献しそうだ。同社は「フロス処理費用削減とボイラ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら