相模屋食料・鳥越淳司社長 持続可能な食の供給推進

鳥越淳司社長

鳥越淳司社長

 「日本から世界へ、豆腐を通して植物性タンパク質を多くの人に提供して健康を支えるとともに、環境負荷に配慮した豆腐作りの実践で、持続可能な食の供給を推進したい」と訴えたのは、鳥越淳司相模屋食料社長。米国ニューヨークで6日(現地時間)に開催された「2019国連ニューヨーク本部SDGs推進会議」で行った「SDGs達成に向けた取組み」に関するスピーチの中で語った。  鳥越社長の同会議への参加は18年に続いて2回目。スピーチ内容は次の通り。      *  当社は食に携わる企業としてS

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら