エースコック 令和時代での取組み

エースコック 令和時代での取組み(上)もう一度、お客様に向き合う

小麦加工 2019.09.13 11940号 04面
村岡寛社長

村岡寛社長

 ●マーケット拡大へ新技術・素材提供  5月1日から新元号「令和」となり、新たな時代のスタートを迎えた。エースコックの村岡寛社長は「日本の未来は手本やモデルがないため、自らでつくっていくしかない」とし、「メーカーとして『令和』の時代に向かっていくには、もう一度“お客様に向き合うこと”からはじめていかなければならない」と強調。同社のスローガン「Cook happiness(クックハピネス)」のもと、消費者が求めるものに応えていく。  6日、大阪市内で行われた業界紙記者懇談会で村

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • エースコック 令和時代での取組み

    小麦加工

     ●マーケット拡大へ新技術・素材提供  5月1日から新元号「令和」となり、新たな時代のスタートを迎えた。エースコックの村岡寛社長は「日本の未来は手本やモデルがないため、自らでつくっていくしかない」とし、「メーカーとして『 […]

    詳細 >