日清製粉グループ、「三鷹の森ジブリ美術館」新企画展示に協賛 21年5月まで

小麦加工 ニュース 2019.11.22 11974号 10面
右から安達令子日清製粉グループ本社総務本部広報部部長、安西香月三鷹の森ジブリ美術館館長、渡辺章仁ローソンエンタテインメント社長

右から安達令子日清製粉グループ本社総務本部広報部部長、安西香月三鷹の森ジブリ美術館館長、渡辺章仁ローソンエンタテインメント社長

 日清製粉グループは、16日から2021年5月(予定)の間、「三鷹の森ジブリ美術館」(入場は日時指定の予約制)で開催される新企画展示「手描き、ひらめき、おもいつき」展に協賛している。これは、同グループがCSR活動の一環として、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団が運営する同美術館に継続協賛しているもの。協賛を通じて、アニメーション文化普及の一助となり、子どもたちの笑顔を育む協力をする。  15日に開催された内覧会記者会見で安西香月三鷹の森ジブリ美術館館長は「来館者には“

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら