スターゼン、林兼産業と合弁検討

 スターゼンは、林兼産業との合弁会社設立の検討開始について合意することを、10日開催の取締役会において決議した。  同社は14年4月、林兼産業と業務提携基本合意書を締結し、原料取引、加工食品・ハム・ソーセージの製造委託、人事交渉などの協力関係を強化・推進してきたが、両社のさらなる事業発展のため、加工食品事業を主とする合弁会社設立の検討開始について合意した。  (三井伶子)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら