トライアルホールディングス、千葉にAI導入店舗 メーカー・卸と情報共有

小売 ニュース 2020.02.28 12019号 01面
製配販の協業でリアル店舗の情報化を推進

製配販の協業でリアル店舗の情報化を推進

 トライアルホールディングスの子会社Retail AI(リテールAI)は、情報技術によるリアル店舗の革新を目指し、「リアイル」の名称でメーカーや卸を巻き込んだプロジェクトを推進している。4月24日に改装オープンするトライアル長沼店(千葉市稲毛区)に最新システムを導入、これまでの取組みに同店の検証も加え、製配販に幅広くプロジェクトへの参加を呼び掛ける。(宮川耕平)  「リアイル」は、店内やショーケースに設置したカメラで顧客行動や商品の動きをデータとして蓄積するほか、モニターや商

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら