味の素AGF、新中計4戦略で臨む 「心身の健康」に最注力

飲料 ニュース 2020.07.08 12077号 02面
「ブレンディ」を手に、品田英明社長

「ブレンディ」を手に、品田英明社長

 味の素AGF(AGF)は、20年から22年の3ヵ年中期経営計画において「生活者の心身の健康への貢献」を最大の目標に取り組む。基本方針として、チームAGFによる「AGFスペシャリティの徹底追求による独自価値の創造」(AGFスピリッツの発揮)と「社会やお客様の課題解決への貢献」(ASVの実行)を掲げる。ASVとは味の素グループシェアードバリュー(社会価値と経済価値の共創)を指し、事業活動を通じた「ココロ」と「カラダ」の健康などへの貢献を図る。  3日に本社で開催した発表会で、品

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら