伊藤園 ドリンク青汁市場創造へ(3)マーケティング担当者の思い

飲料 連載 2020.10.16 12132号 02面
山口将弘氏

山口将弘氏

 ●独自性訴求で日常的に  伊藤園は「ごくごく飲める 毎日1杯の青汁」(ドリンク製品)の日常健康飲料への定着を目指し、20年を「ドリンク青汁元年」と位置付ける。12日には新たにイエナカ需要に対応した900gPETボトル製品を新発売し、ラインアップの拡充を図る。今回は「マーケティング担当者」の思いを聞いた。  マーケティング本部野菜・果汁ブランドグループの山口将弘氏は消費者に一番伝えたいこととして「青汁をどこよりもおいしく、安心して飲んでもらえる品質であること」と語る。  「ご

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら