マヨネーズ・ドレッシング特集:ドレッシング動向=家庭用、800億円の大台乗せ

調味 特集 2018.02.26 11666号 06面
サラダの食卓登場回数は長く上昇基調にある。新たなスタイルの提案や食シーンの開拓も進む

サラダの食卓登場回数は長く上昇基調にある。新たなスタイルの提案や食シーンの開拓も進む

 ●サラダメニュー拡大で成長維持  ドレッシングは旺盛な野菜摂取意向を背景に、成長基調が長く続いている。協会による17年生産量は、液状が2.7%増の10万5762t、ノンオイルが前年比5%減の2万5786tとなった。両者合計では微増にとどまるが、野菜高騰の中でも家庭用分野では3%増と成長を維持。金額ベースでの市場規模は800億円の大台に到達している。  主用途であるサラダはメニューが拡大している。これまで外食のサラダデリメニュー

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら