J-オイルミルズ、付加価値品を拡大 通期リカバリー目指す

八馬史尚社長

八馬史尚社長

 J-オイルミルズは今下期も、付加価値品拡大やアジアでの海外展開加速などの成長戦略と、SKU削減や他企業との協働などの構造改革を推し進める。上期、新型コロナの影響などによって減収減益(後日続報)で折り返した同社だが、19日の決算説明会で「営業利益ではここまで想定の範囲内で推移している」(八馬史尚社長)と発表。「業務用を中心に厳しい環境が続くが、通期でのリカバリーは可能」(同)とし、増益での最終着地を狙う。
 成長戦略の柱となる付加価値品拡大では、新型コ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら