植物肉拡大へ協働進む 亀田製菓など3社、グリーンカルチャーへ出資

農産加工 ニュース 2021.07.05 12255号 01面
写真左から田中通泰亀田製菓会長CEO、金田郷史グリーンカルチャー代表、松本浩平オイシックス・ラ・大地取締役

写真左から田中通泰亀田製菓会長CEO、金田郷史グリーンカルチャー代表、松本浩平オイシックス・ラ・大地取締役

世界的に規模拡大が進む植物肉。協働戦略で認知面など課題解決が進みそうだ

世界的に規模拡大が進む植物肉。協働戦略で認知面など課題解決が進みそうだ

 健康志向や環境への関心が増え、食肉の需給バランス懸念などを背景に、世界的に規模拡大が進んでいるプラントベースミート(植物肉)。国内でも拡大へ向けた協働戦略が進んでいる。フードテック関連ベンチャーのグリーンカルチャーは1日、亀田製菓など3社から2億5000万円の資金調達を受け、資本・業務提携を結んだことを発表。同分野ベンチャーへの投資は20年から特に活発化しており、今後課題とされる認知・販路の拡大施策が進みそうだ。(村岡直樹)