脱酸素材特集=日本化薬・オイテック

「オイテック」の昨年の平均月産数量(脱酸素剤標準タイプ、一・五㌘分包換算)の伸びは「横ばいです」と曽我課長は明るく(?)答えた。 加えて「フロイントさんからケラれているから痛いです」(曽我氏)と笑った(?)。 横ばいなうえ、ご本家の逆襲を受けているのに朗らかなのは、人柄か、余裕か判断しかねる次第だ。 菓子、珍味、麺以外分野がなく、全般的に悪い感じだったそうで、営業の仕方が、脱酸素剤の穴埋め、脱酸素剤に流れている、といった風だったそうで、一応、“反省”のポーズを見せている。 曽

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら