胃心伝真=決算協賛金

総合 コラム 1992.03.02 7342号 1面

バブルの崩壊で減速している景気の行方が気になる。経済企画庁は7月には回復すると見通しているが、産業界はもっと悲観的だ。食品界にとっては不況ムードの強まりが消費者マインドにマイナスに作用することが気がかりになる▼食料消費の動向は昨年後半から全般に低迷をきたしているもようだ。チェーンストアの平成4年度2月期決算がひとつ注目されるところである▼そんな折、読者から“情報”をいただいた。「決算協賛金」をある量販店から要求されている、というもの。詳しく事情を聞いてみると「量販店の売上げが

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら