夏に食べたい「濃い味」新製品、食のプロ注目1位は35周年記念のハーゲンダッツ

夏がやってくる。気温が高くなると、つい口当たりのよいサッパリとしたモノを欲してしまいがちだが、暑い時こそ“ガッツリ”とした味わいや盛りだくさんな風味を楽しみ、活力を養いたい。今回は、そんな “夏でも食べたい・濃い味の新製品”ランキングをお届けする。
なおデータは、日本食糧新聞社が運営する食品業界向け会員サイト「食@新製品」から使用した。

【1位】上品な濃厚さがやみつきに 「ハーゲンダッツ 35周年記念商品 <翠~濃茶~(期間限定)>」

茶道の世界でいう「お濃茶」を表現し、今までにない濃厚な味わいに仕立てている本品。特別に作られた手摘みの初摘み茶葉を惜しみなく使用。抹茶をとろ~りと練り上げられた濃茶となれば、確かに濃さは抜群!しかし、抹茶本来の甘みと渋みのバランスが取れた深い風味には、一度食べれば納得するだろう。

パッケージも、濃茶の世界観をイメージした格式高いデザインに、水引を使った「35th」のマークが光る。またアイスクリームの濃い緑色が映えるようにと、新たに黒色のカップを開発。いつもの「バーガンディーレッド」色とは異なる装いは、周年記念アイテムにふさわしい特別感が漂う。

1カップ(100ml)で350円 (税込)。7月9日から全国発売予定なので、しばしお待ちを!

ハーゲンダッツジャパン「ハーゲンダッツ 35周年記念商品 <翠~濃茶~(期間限定)>」

【2位】刺激的だが奥深いうまみ 「火炎辛麺 赤神 神増し」

見た目も濃いデザインのカップ麺「火炎辛麺 赤神 神増し」(サンヨー食品)は、北九州小倉の味噌ラーメン専門店「火炎辛麺 赤神」の味を再現し、辛さと痺れのレベルを5段階中3番目に辛い『神増し』に設定。

赤味噌・白味噌の濃厚なコクやポークやチキンのうまみに加え、ガーリックやジンジャー、さらに唐辛子の刺激的な辛みと花椒の痺れを利かせてしまったというスープは、いつもよりかなり“濃い”辛さといってもいいだろう。

暑い日に食べて大汗かけば、その後はスーッと涼しくなるかも?!

1食97g(麺70g)で220円 (税別)。6月10日から全国発売中。

サンヨー食品「火炎辛麺 赤神 神増し」

【3位】 イメージ刷新!風味もより芳醇に 「伊右衛門 <濃いめ>」

3位には、しっかりとした濃さとお茶のうまみが味わえる「伊右衛門 <濃いめ>」(サントリー食品インターナショナル)のリニューアル版がランクイン。

「伊右衛門」のデザインは、すでに多くの人が“パッ”と見て認識できるほど浸透しているが、あえて今回は<濃いめ>のパッケージを一新!濃い緑と白のコントラスト+金の“茶”のロゴは、大人のぜいたくな味わいを想起させつつ、非常にスタイリッシュなものに。

そして中身も今まで以上に“濃いめ”の特徴を前面に押し出している。たっぷりの茶葉と、新たに焙煎した一番茶の石臼挽き抹茶を使用し、甘くて香ばしい芳醇な香りと贅沢な余韻が楽しめる。

サントリー食品インターナショナル「伊右衛門 <濃いめ>」

【4位】“こぶた”は何匹いる? 「EDGE×ワンタンメン タンメン味 こぶた誕生60thでこぶたなると6.0倍」

エースコックが誇る誕生60周年のロングセラー「ワンタンメン」と、“驚き”と“やりすぎ”でエッジを利かせたインパクトあるアイテムのブランド「EDGE」がコラボした「EDGE×ワンタンメン タンメン味 こぶた誕生60thでこぶたなると6.0倍」が3位に入った。

はて、「こぶたなると6.0倍」とは? カップ麺の「ワンタンメンどんぶり タンメン味」に入っているかわいらしい「こぶたなると」をご存じだろうか。なんとも愛らしいかやくで、目が合えば食べるのを戸惑ってしまうほど(?)。

そんな「こぶたなると」を通常の6.0倍の量をイン!愛らしい・・・・・・というか、たくさんのこぶたに「見た目が濃いなぁ」と思えてしまう一品だ。

しかしスープは、ポークベースにかつおだしと香味野菜のうまみを加え、ほんのりマツタケの風味がきいた「ワンタンメン」らしさは健在。

1食94(麺78g)で210円 (税別)。6月17日から全国スタート。

エースコック「EDGE×ワンタンメン タンメン味 こぶた誕生60thでこぶたなると6.0倍」

【5位】お酒にぴったりの濃さで “とまらない” 「かっぱえびせん 濃いめ <わさび醤油味>」

5位には、「かっぱえびせん」(カルビー)がアルコールにあうように作ったという新シリーズ「かっぱえびせん 濃いめ <わさび醤油味>」が入った。

家飲みがすっかり定着した今、お酒のつまみにポテトチップスを代表としたスナックを選ぶシーンはますます増えている。そんなニーズに応える商品として、「かっぱえびせん」でもビールやチューハイに合う“濃厚”なアイテムを投入。エビの風味とうまみと同時に、辛いわさびの刺激と醤油味がきいたフレーバーは、やはり“やめられない・とまらない”かっぱえびせんだ。

もちろんアルコールなしでもOK、濃~い味わいをガッツリ食べたいという方にもオススメ。

1袋(58g)で、オープンプライス(参考小売価格100円税込)。5月27日から全国のコンビニエンスストアで発売中だが、7月中旬までの発売予定なので気になる人は急いで!

カルビー「かっぱえびせん 濃いめ <わさび醤油味>」

以上、食のプロが注目する「“夏でも食べたい濃い味”の新製品」ランキングをお届けした。濃い味といっても、茶の独特の苦み、味噌や辛みの刺激、想像以上にたっぷり入ったかやくなど、切り口は様々。暑いからといってサッパリしたモノばかりに逃げずに、あえてガツンとくる味に出会ってみてはいかがだろうか。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら