神明ホールディングス、「天穂のサクナヒメ」コラボキャンペーン実施

サクナヒメ×あかふじ米コラボイラスト

サクナヒメ×あかふじ米コラボイラスト

 神明ホールディングス(HD)は9日、マーベラスが制作した家庭用ゲームソフト「天穂(てんすい)のサクナヒメ(https://www.marv.jp/special/game/sakuna/)」とのコラボ企画をスタートした。

 「天穂のサクナヒメ」とは、「米は力だ!」と稲を育てて強くなる和風アクションRPG。鬼が支配するヒノエ島を舞台に、豊穣の神サクナヒメ(サクナ)が大暴れし、さまざまな武技による華麗な連続攻撃と、伸縮自在の羽衣による縦横無尽な爽快アクションが楽しめる。もう一つの特徴がコメ作りで、田おこしや田植え、収穫など一つ一つの工程を丁寧に行い、良いコメを収穫するほど、豊穣神サクナが強くなるストーリーだ。

 両者のコラボ企画として、まずキャンペーンを実施。第1弾は9~30日までで、A章「『天穂のサクナヒメ』PS4ゲームソフト」、B賞「神明あかふじ米2kg」、Wチャンスとして「『天穂のサクナヒメ』キャラクターグッズ」をプレゼントする。続く第2弾は12月上旬からで、「『天穂のサクナヒメ』Nintendo Switch版ソフト」をA賞とする予定という。

 応募方法は、ツイッター「お米の神明(@shinmei_AKAFUJI)」公式アカウント(https://twitter.com/shinmei_AKAFUJI)を通じて、新発売ゲームソフトなどが当たるキャンペーンを実施。該当ツイートをフォロー&リツイートすることで完了する。

 さらに「米は力だ・神明お米作り対談」(http://shinmeinews.com/sakuna/)がある。伝統的な稲作手法を緻密に取り入れた「天穂のサクナヒメ」の企画開発を行った「えーでるわいす」と、埼玉県で130haのメガファームを運営する中森農産、コメ卸最大手神明HDが出合い、対談が実現した。ゲームと農場という異業種ながらも、それぞれの視点でコメの未来について語り合った。この内容を特設サイトで公開している。

 併せて、サクナヒメとあかふじ米のコラボレーションイラスト(http://shinmeinews.com/sakuna/)を公開。農業とコメの未来を明るく照らすイメージで、同社では「食や農業について考えるきっかけとなるよう、さまざまな場面でPRしていく」としている。(佐藤路登世)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら