コロナ禍で激変 最前線で戦う関西有力企業キーマンに聞く

関西有力企業キーマンに聞く:幸南食糧・川西孝彦社長 小売挑戦、コメに興味を

農産加工 2022.02.18 12365号 09面

 【関西】コロナ禍で外食を中心とした業務用の消費減が進んでいるが、直近では家庭用も苦戦している。要因は親類や知人からの縁故米やふるさと納税返礼品の量が増えているのではないか。
 一方、単価ダウンも進んでいるが、ただ、ホクレンが実施する、北海道産「ななつぼし」の増量セールは着実に成果を上げ、生活者の節約志向が強いことを痛感している。
 6月決算だが、上期は単価ダウンが響き金額で前年比5%減、新規取引先が拡大し、数量では同7~8%増

  • コロナ禍で激変 最前線で戦う関西有力企業キーマンに聞く

    総合

     【関西】コロナ禍は、追い風と逆風を呼び込んだ。激変の食品業界の最前線で市場をけん引する有力企業のトップやブランチリーダーに取材した。コロナ禍で伸長する自動販売機での販売に挑戦し新たな販路を創造したケンミン食品の高村祐輝 […]

    詳細 >