3月家計調査 食料消費支出、実質プラス

総合 統計・分析 2024.05.22 12758号 06面

 総務省の家計調査(全国・2人以上の世帯)によると、3月の1世帯当たりの食料消費支出は、物価変動の影響を除いた実質ベースで前年同月比1.8%増となった。
 実質ベースのプラスは、17ヵ月ぶりにプラスに転じた2月から2ヵ月連続。ただし、2月はうるう年の影響を除くとマイナスだったため、3月がプラスで着地した意味は大きい。
 中分類では穀類(2.4%増)、肉類(3.9%増)、油脂・調味料(5.7%増)、菓子類(0.4%増)、調理食品(

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら