フォーカスin:三井物産流通グループ・柴田幸介社長

 三井物産系流通の5社合併で4月1日に発足した三井物産流通グループは、総売上高1.3兆円超の規模感に加え、統合各社のシナジー発揮による新たな機能戦略で競争力強化を目指す方針だ。同社の柴田幸介社長は1日、主要仕入先約290社を招いて東京・帝国ホテルで開いた「三井食品会」の24年度総会で、大規模統合の狙いや今後の展望などについて概要次の通り語った。(篠田博一)

 ●グループ資産、機動的活用

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

書籍紹介