20年北海道漁業生産 数量6%増の114万t コロナ影響で金額16%減

 【北海道】道庁は1月29日、2020年北海道漁業生産状況(速報)を発表した。数量は114万tで前年比6%増となり、金額が2013億円で同16%減となった。
 数量はホタテ貝の生産回復やイワシの豊漁などにより、6年ぶりに110万tを上回る見込み。ただ、サケ、昆布、サンマ、スルメイカなど主要魚種の不漁によって依然として低水準。金額は新型コロナウイルス感染拡大の影響で魚価安で大きく落ち込んだ。(高田真人)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら