フクシマガリレイ、SGCシリーズ改良で省エネ強化

 【関西】フクシマガリレイが冷凍機別置型リーチインショーケースSGCシリーズをモデルチェンジし、1日から発売を始めた。同製品は幅2タイプ(2422mm・1648mm)×奥行き900mm×高さ3タイプ(1940mm・1800mm・1700mm)の大型ガラス扉のリーチインショーケース。今回、電子膨張弁を標準採用し、省エネ性をより強化した。天板前面部のR、棚、底板、スカートパネルなどのデザインを冷凍機別置型オープンショーケースCLAIRシリーズと統一しデザイン性を向上させた。冷媒は

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら