日本冷凍食品協会と森町、冷食事業発祥100周年記念碑を設置

大櫛顕也会長(右)と岡嶋康輔町長

大櫛顕也会長(右)と岡嶋康輔町長

 【北海道】日本冷凍食品協会と森町は10月13日、道の駅YOU・遊・もり横のオニウシ公園に「日本冷凍食品事業発祥100周年記念碑」を設置、除幕式を行った。
 この記念碑は、山口県出身の実業家・葛原猪平氏が同町で冷凍食品事業を開始して100周年を記念するもの。葛原氏が1920年に日産10tの凍結能力を持つ国内初の冷蔵庫を建設し、水産物の冷凍事業を開始したことから森町は冷凍食品事業発祥の地とされている。
 本来、昨年100周年を記念

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら