大成ラミック、新工場稼働で基盤強化 充填機「DANGAN アストロン」も開発

木村義成社長

木村義成社長

 液体包装フィルムと高速自動充填(じゅうてん)機の製造販売を行う大成ラミックは、フィルム生産に特化した新工場の本格稼働で国内事業基盤の強化を図る。これにより生産能力が大幅に向上し、多様化する顧客ニーズへの迅速な対応が可能となった。  また、中型スペック充填機「DANGAN アストロン」を発売したことで、今後は顧客層の大幅な拡大が見込まれる。「液体自動充填業界を再構築」(木村義成社長)する構えで、食品メーカーの生産性向上を支援する。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら