タイの最新動向

タイの最新動向(5)バタフライピー 糖尿病薬研究も期待

総合 2019.07.19 11911号 08面
バタフライピーやハイビスカスなどタイハーブを本社ショップでも販売(mft中田博子社長)

バタフライピーやハイビスカスなどタイハーブを本社ショップでも販売(mft中田博子社長)

 台湾でも人気が出て、日本ではAMAZONが複数メーカーの多彩なアイテムを取り扱う「バタフライピー」。日本緑茶センターや山眞産業をはじめ、飲料、製菓メーカーが食品展示会で紹介するスター商材だ。  タイ国政府通商代表事務所広島のパンニー・スワントゥピンタン通商代表は、タイのバタフライピーと関連製品の輸出企業は現在28社あるという。  日本側ではタイ産ハーブ原料調達・輸入卸のmft(東京都目黒区中目黒)が市場開拓のパイオニアとして知られる。  同社の中田博子社長は2010年ごろか

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • タイの最新動向

    タイの最新動向

    総合

     タイ国商務省外国貿易局は「タイランド・ライス・コンベンション2019」(TRC2019)を5月27~29日、タイ・バンコクで開催した。ブーンヤリット・カンラヤナミットタイ国商務省事務次官は開会式で「2017年のタイのコ […]

    詳細 >