料理マスターズ特集

料理マスターズ特集:異ジャンル料理人コラボと生産者交流で地域活性化

外食 2020.08.05 12092号 06面
左から黒森洋司氏、高橋拓児氏=シェフズキッチンVol.36

左から黒森洋司氏、高橋拓児氏=シェフズキッチンVol.36

左から飯塚隆太氏、原木椎茸・緑茶の生産者で農業女子の貫井香織氏、松尾英明氏=シェフズキッチンVol.37

左から飯塚隆太氏、原木椎茸・緑茶の生産者で農業女子の貫井香織氏、松尾英明氏=シェフズキッチンVol.37

 料理マスターズ制度の評価対象は地域の「食」や「食文化」の普及とその発展に貢献する取組みで、生産者や食品企業と連携して地域の活性化に貢献してきた料理人が選出されてきた。昨年の第10回で47都道府県中、約7割に当たる35都道府県に延べ73人の受賞者が誕生した。  料理マスターズ倶楽部は料理マスターズ受賞者と同制度の趣旨に賛同する民間企業で構成され、協賛企業とそれを取りまとめる事務局メンバーらの協力で運営されている。  倶楽部の活動を資金面で支えているのが伊藤園、サントリーホール

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 料理マスターズ特集

    外食

     農林水産省が2010年に創設した料理人顕彰制度「料理マスターズ」が19年に記念の第10回を迎え、第1回からの受賞者は合計で73人となった。同顕彰制度を協賛企業とともに民間の立場から支えてきた料理マスターズ倶楽部ではオリ […]

    詳細 >