雪印メグミルク、SBSグループと資本業務提携 チルド物流を安定化

 雪印メグミルクは2日、SBSフレックの株式を追加取得し、議決権比率を34%とした。9月26日にSBSホールディングスとSBSフレックとの間で資本・業務提携の基本覚書を締結しており、資本関係を強化した形だ。乳製品・市乳などの製品輸送インフラを安定的に維持することが目的。  取得株式数は10万4900株(議決権数1049個)で、移動後の所有株式数合計は12万3000株(同1230個)となる。SBSフレックが保有する雪印メグミルクの株式6万0200株(持ち

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら