CVS上位3社決算 セブン、4兆円で引き離す 食品の強さ際立つ

小売 決算 2015.04.13 11165号 01面

 コンビニエンスストア(CVS)上位3社の15年2月期(14年3月~15年2月)単体決算は、チェーン全店売上高が初の4兆円を突破して過去最高の増益だったセブン-イレブン・ジャパン(セブンイレブン)が、営業利益で微減のローソン、2桁減益のファミリーマートに差をつけた。食品の売上構成比が3社の中で最も高いセブンイレブンの商品力が際立った格好。2社も、中食の品質向上を最重点に追撃を図る。(山本仁)  食品の