11月GMS・SMの食品売上高、再拡大で内需増

小売 統計・分析 2021.01.06 12168号 08面

 11月の総合スーパー(GMS)、食品スーパー(SM)の既存店ベースの食品売上高は前年を上回った。日本チェーンストア協会(JCA)統計による食品の既存店売上高は前年比3.0%増で10ヵ月連続でプラス。日本スーパーマーケット協会(JSA)、オール日本スーパーマーケット協会(AJS)、全国スーパーマーケット協会(NSAJ)のSM3団体統計(速報版)も同3.6%増だった。新型コロナウイルスの感染再拡大による外出自粛の影響で内食需要が増えて好調を持続した。
 

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら